約束を守ってくれるわけではありません

残念なことに円希望交際相手の男性すべてが、約束を守ってくれるわけではありません。
円希望交際は100%援助が受けられるというものでもないのです。
よくあるのが、円希望交際の援助金を後払いにしてしまい、結局受け取れずに逃げられてしまうケース。

この手の男は色々と条件を出してきます。
「最後までやりたい。お金はちゃんと払うから、何でも言うことを聞いて。でも、今は手持ちがない。お金は後でATMで下ろして払う」こういうことを言ってきます。
この言葉を信じて、しょうがなくお金のためだからと、普段やらないことまでサービスしてしまたら最後。
男は、ホテルを出るや否や猛ダッシュで逃げ去ります。
逃げられまいと必死で腕をつかんでも、振りほどかれ、コンクリートに叩きつけらるのがオチ。

このように円希望交際を悪用して、少女たちに淫らな行為を働いていた男は、たくさんいます。

騙された少女が警察に出向くわけでもなく、ただただ泣き寝入りです。
自分も罰せられますから、結局は「自己責任」のもと誰にも訴えられず、黙るしかなかったのです。

お金をもらう人たち。

円希望交際というのは男性が女性にお金を支払うというものとなっています。
ですのでお金を受け取っている女性側はある程度は男性側の要望に応えるようにしなくてはならないでしょう。

円希望交際でお金を支払った男性は自分の願望を満たそうとして来るでしょう。
女性から見てしたくないというものもあるかも知れませんが、あまりにも非常識なものではない限りは要望に応えるようにしたほうが良いでしょう。
円希望交際というのは男性が女性を買っているわけですのである程度は男性の言うとおりにするようにしなくてはならないのです。

女性というのはお金をもらっている立場ですのである程度は割り切るようにしなくてはならないというのはきちんと理解をするようにしておいたほうが良いでしょう。
円希望交際をしてお小遣いをもらうわけですので、普段であれば拒否をするような内容もあると思います。

しかし自分は買われている立場ですのである程度は我慢をすることも大切なのではないでしょうか?
それに男性としても女性を買っているという意識を持っているでしょう。
だからといって全ての要望を満たすことができると思っている人は、あくまでも常識的に考えて問題ない程度のことを要求するようにしたほうが良いでしょう。
円希望交際というのは男性も女性も平等というわけではなく、主導権は男性が握っているということはきちんと理解するようにしましょう。

それが割り切れないのであれば円希望交際はしないようにして地道に働いたほうが良いと思います。

「罰則」はどのくらい?

出会い系サイトにおいては、全部が全部、その利用が危ないという訳ではありません、規則に従って利用すれば問題になることはありえません。

でも、最近では罰則がたいへん厳しくなってきているため、ケースによっては、掲示板に書き込んだだけでも処罰される場合もあります。

例として、近ごろはかなり減少に転じている「円希望交際」も、最近では、そのような行為をしただけで100万円以下の罰金が科せられるようになっているのです。

さらに18歳未満の未成年に円希望交際の誘いのメールを送信すれば、あきらかな規則違反にあたります、そしてそのようなメールが見つかれば、罰則が科せられるのです。

そして、それで痛い目に合うのは、円希望交際をした利用者だけではなくて、出会い系サイトを運営している業者も、「18歳未満を利用させないようにする義務を怠った」として、6年以上の懲役か、100万円以下の罰金が科せられるのです。

それで、出会い系サイトを運営している業者は、18歳未満の未成年を登録させないために、保険証などの提示(それとも、顔写真が付いている本人確認書類の提示)を求めることが常識になっています。

このような掲示のために、出会い系サイトに登録する18歳未満の未成年は減ってきていて、社会の問題になっていた円希望交際も今では下火になっています。

社会的に意味がある罰則は、今では、凶悪犯罪から未成年を守っているのです。